ホーム > 大道銀天街について

大道銀天街について

大道銀天街は、昭和49年(1974年)に鳴門市初の商店街振興組合を設立し、販売促進事業として納涼市や大売出しなどを実施してきました。
50年に(1975年)にはいって狭い道路を車道11m、歩道各3.5mの18mに広げ、店舗のセットバックと新築が進み、これに伴い新設される歩道上にアーケードの建設計画が持ち上がり、52年7月に220mのアーケードとカラー舗装が完成し、名実共に鳴門市一の近代的な商店街となりました。
現在も、夏には納涼市を実施し阿波おどりにも協力しております。
地域の人から愛され、親しみのある商店街を目指しておりますのでお気軽にお越しください。


鳴門市阿波おどりの様子

大道銀天街納涼市の様子